モバイルWiFiルーター

現在のモバイルWifiルーターは、大きなキャッシュバックを付けるタイプと月額が安いタイプに分かれています。

モバイルWifiルーターは、ほぼ2年契約ですので2年間の総支払額を正確に計算すると、キャッシュバックタイプの方が得になります。
ですが月々の支払いが少ないほうが良いという方も少なくないと思います。

現在Wifiルーターを使用中で、契約期間が2年を過ぎている方は大至急、現在のWifiルーターを解約して新しいWifiルーターを契約しなおして下さい! 

ほとんどのWifiルーター業者(特に有名どころ)は契約が2年経過すると、突然月額が高くなるシステムを採用しています。
これは新規契約後2年間はサービス期間で・・ということなのですが、これを忘れて契約をし続けている方がかない多く見られます。

端末も2年前の型なので、回線速度も遅く、経年劣化もみられるはず。
前回契約後2年経過している方は、即解約+新しい契約で高額キャッシュバックをゲットして下さい!

モバイルルーター

モバイルルーターとは、どこにでもポケットなどに入れて持ち運びができる小型の通信端末のことです。

この端末が1台あれば、パソコンやタブレット、スマホなど、最大10台くらいの端末を一度にインターネット接続することができます。

スマホで動画を見ていると、データ通信量の上限が超えて「急に表示速度が遅くなった・・・」という経験ありませんか?

モバイルルーターを活用すれば、スマホの通信量を抑えることができます。また、家に固定回線(光回線やADSLなど)を引かなくてもインターネット環境を整えることができて便利です。

WiMAXモバイルルーター

WiMAX2+のルーターにはどんなのがあるかご存知でしょうか。それぞれに細かな違い、特徴があるのですが、いちばん重要な違いは、LTEモードが使える機種と使えない機種があるということです。LTEモードを使いたいのかどうかで選ぶ機種が決まってきます。

W04
4×4MIMOとCAの合わせ技でなんと!下り最大440Mbps!
対応モード
・ハイスピードモード(最大440MbpsのWiMAX2+)
・ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)+(WiMAX2+)
Wシリーズの最新モデル
縦型のスティックタイプ。そのデザイン性が注目!
製造元
・ファーウェイ ジャパン株式会社

WX03
4×4MIMOとCAの合わせ技でなんと!下り最大440Mbps!
対応モード
・ハイスピードモード
(最大440MbpsのWiMAX2+)
WXシリーズの最新モデル
何と言ってもそのスピードが注目です。
製造元
・NECプラットフォームズ株式会社

ギガ放題

WiMAXのギガ放題とは下記のようなサービスになります。

実質月間通信量が無制限で追加料金を払わず、安い月額料金で自宅だけでなく外出先でも高速通信ができるプラン。

各携帯会社が提供しているデータ通信サービスのように、月間の通信量や追加料金の支払いを心配せずに使うことができるのでとても良いサービスです。

そして、2年間の総額利用料金もY!mobileや光回線サービスと比べて大変お得になります。

ギガ放題の注意点
ギガ放題プラン|3日間で合計10GB以上使うと1Mbpsの速度制限がかかる
LTEオプション(au 4G LTE)を使った場合|月合計7GB以上使うと128kbps速度制限がかかる

WiMAX2+

2013年にサービス開始した「WiMAX2+」(ワイマックス ツープラス)。従来のWiMAXの上位に位置づけられるサービスだ。その特徴は何なのか、従来との違いは何なのかを紹介する。

当初は下り最大110Mbpsだったが、さらにパワーアップしている。「4×4MIMO」「キャリアアグリゲーション」といった機能により、対応端末であれば下り最大220Mbpsもの通信速度となった。

かつての光でも下り最大100Mbpsが売りだったが、それをも上回る速度だ。もちろん実効速度でも当時の光と同等か、あるいはそれ以上の速度が出る模様。これまで以上に快適なネットライフを送れるだろう。

WiMAX

WiMAX(ワイマックス、Worldwide Interoperability for Microwave Access)とは無線通信技術の規格のひとつである。
人口希薄地帯や、高速通信(光・メタル)回線の敷設やDSL等の利用が困難な地域で、いわゆるラストワンマイルの接続手段として期待されている。近年は、高速移動体通信用の規格も策定されている。WiMAXは当初、中長距離エリアをカバーする無線通信を目的としておりWiMAXアクセス網は「Wireless MAN」(MAN:Metropolitan Area Network)と定義される。
WiMAXは異なる機器間での相互接続性確保のため、IEEE 802.16作業部会と業界団体のWiMAX Forumにより規格標準化が進められている。

ワイモバイル

ワイモバイル株式会社は、東京都港区に本社を設置し、かつて存在した日本の電気通信事業者である。 2014年7月1日付けでイー・アクセス株式会社から商号変更した。 主にADSL回線の卸売、及びY!mobileのブランド名で移動体通信およびPHSサービスを提供している。

「ワ~イモバイル」のCMでもよく見かけるようになったワイモバイルですが、実はソフトバンクの格安ブランドです。
ソフトバンクよりもスゴク安い料金でソフトバンク回線のスマホが利用できちゃいます。
格安ブランドといっても十分なサービスを受けれるので、コストパフォーマンスの良さから2年連続でスマホ料金満足度No1に選ばれているブランドです。

ポケットWiFi

モバイルWi-Fiルーターの契約を検討中の方であれば、1度はポケットWiFi(Pocket WiFi)、WiMAX(ワイマックス)という言葉を耳にしたことがある方が多いと思いますが、いったい何が違うのでしょうか?
見た目はソックリですが、実は料金やサービスには大きな違いがありました。わからないまま契約してしまい、後々「他にいいサービスがあった!」と気付いても、契約期間内の解約は違約金が発生してしまうため、すぐには解約出来ません。。

奨学金

奨学金というのは、大学や短大、専門学校へ通うためのお金を、貸し出してくれる制度のことを指します。
憧れの学校へ通いたいけれど、家の都合で学費を用意できそうにない、そんな学生さんを助けるための制度です。

同じくお金を借りることができるキャッシングやローンと何が違うのかというと、返済しなければならない利息が違います。
例えば、教育ローンを例に挙げてみましょう。
教育ローンの多くは、最低でも3%前後の利息がつき、高いところだと10%の利息を支払わなければなりません。

それでは、奨学金の場合はどうでしょうか。
無利息で借りることができる第一種奨学金や、教育ローンよりも遙かに低い1%以下の利息で済む奨学金が存在しています。
将来返すべき奨学金、学費数百万円にかかる利息を考えると、奨学金が教育ローンと比べて有利なのは言うまでもありません。

また、教育ローンの返済主は、学生本人ではなく保護者であり、返済開始月も借りた翌月からです。
一方、奨学金の場合は学生本人が返済することになっていますが、返済開始月は卒業後からとなっています。

つまり、奨学金の支払いは在学中には発生せず、働き始めて、収入を得るようになってから返済すれば良いということ。
学校に通っている間は、支払いを意識することなく学業に専念できるというのは、とても安心できることです。
学生本人が自分の教育のために借り、そして将来支払っていく、親に頼らずに奨学金を活用することは、精神的な自立にも繋がるはずです。

収入印紙

収入印紙とは、高額な買い物などのときに貼ってあるものと認識されていることが多いのですが、国に印紙税という税金を納めるために活用すべきものとなっています。財務省から発行されており、最低1円から31種類の収入印紙が販売されています。

収入印紙は郵便局や法務局で購入できます。ただし、平日の営業時間内しか購入できません。最近はコンビニで購入することも可能です。代表的なものには、領収書に使うことが多いのですが、その際に収入印紙を貼った上で消印をする必要があります。消印は領収書と収入印紙の間に割印もしくは署名をすることで完了します。

収入印紙はさまざまな場面で必要となりますが、主だった利用方法として、不動産売買の際や手形の発行のときに必要となります。業務委託契約書などにも必ず収入印紙が必要です。必要書類に収入印紙を貼り忘れたり、消印をし忘れると税務署から調査される対象となる場合があります。

基本的に5万円以上の領収書に対しては200円の収入印紙を貼付する義務があります。100万円以上になると、400円の収入印紙が必要となり、金額に応じて必要な収入印紙の額面は変わります。コンビニなどでは通常200円以上の収入印紙を販売していないため、高額な領収書の場合は自前に用意しておく必要があります。