ドライブレコーダー

昨今のドライブレコーダーは以前とは違い、買い求めやすい価格で、機能も充実した製品が増えてきています。
ユーザーにとっては嬉しいことですが、ドライブレコーダー初心者にとっては選ぶのも一苦労です。
そこで、ドライブレコーダーを選ぶ時に検討すべきポイントをご紹介します。

1:モニターの有無

カメラの位置調整や撮った画像の確認ができるドライブレコーダーを取り付けたのはいいけれど、肝心な部分が映っていない!ということがないよう、カメラの位置調整はかなり重要です。
モニターがあれば簡単に修正できます。また、ドライブを楽しむ時にドライブレコーダーで景色を録画することもできます。
そんな時のカメラの調整も簡単ですし、撮った画像をすぐに確認することができます。

2:手動記録

録画したい時に手動で操作して録画・保存できる機能です。
ドライブレコーダーの記録画像は、SDメモリの容量の範囲内でどんどん上書きされていきます。
手動記録機能があると、上書きさせずに保存しておきたい映像を個別に保存することができます。

3:イベント記録

イベント記録とは、車が大きな衝撃が受けたり、急ブレーキや急ハンドルなどの操作があった時、つまり「事故」の可能性が高い時の画像を、「上書き禁止」のデータとして保存してくれる機能です。
ドライブレコーダーのG(加速度)センサーが前述の状況を感知します。
事故対策を想定してドライブレコーダーを購入する場合は、必須の機能と言ってもよいでしょう。

4:GPS測位機能

GPS側位機能で、その画像がどの場所で記録されたものかを特定できます。
これによって、日時、位置、走行速度がわかるようになります。
ドライブの思い出としても、万が一の事故の証拠としても、役立ちます。