ガンプラ

ガンプラとは
「機動戦士ガンダム」のシリーズに登場するモビルスーツ、モビルアーマーと呼ばれるロボットや戦艦などを立体化したプラモデルのことで、1980年に誕生した「1/144ガンダム」以来、約35年間でおよそ4億4500万個が販売されています。
品質へのこだわりと市場への即応性をより確実にするために、現在、ガンプラは“ホビーのまち静岡”にある「バンダイホビーセンター」で企画・開発から生産まで国内で一貫して行っています。

35年の時を経て、ガンプラの技術も進化しています。
スナップフィットや他色成形という技術の導入により、組み立てに接着剤は不要で、塗装なしでもカラフルな仕上がりに。
ニッパーひとつで組み立てることができます。

発売当初はまったく人気がなかったのですが、その後ミリタリープラモデル専門の人たちがガンプラにミリタリープラモデルを組み合わせた作品を多数発表した事により、徐々に人気が上昇。
そして、模型雑誌「ホビージャパン」で紹介された事で、一気に小中学生を中心に一大ブームが始まったそうです。