映画

おすすめ映画
・シェーン
公開日: 1953年
監督: ジョージ・スティーヴンス
出演:アラン・ラッド

1953年のアメリカ西部劇映画です。
西部劇の映画はほとんど見たことなかったのですが、あるきっかけでこの映画を見て西部劇映画の面白さを知りました。
おそらく西部劇映画の中で一番の傑作なのではないでしょうか?

アメリカ ワイオミング州のある小さな街で農民たちが悪徳業者に酷い扱いをされていたんです。
この悪徳業者たちの嫌がらせはエスカレートしていき、農民たちを殺していくんです。
そんなときに主人公のシェーンがこの小さな街に流れつくんです。
シェーンは流れ者のガンマンなんですね。
農民たちをこのシェーンが命がけで助けるんです。
シェーンは正義の味方のガンマン。

相手は何人もの殺し屋がいるんですが、シェーンは一人で立ち向かっていくんです。
めちゃくちゃカッコいいです。

悪い奴らを退治したシェーンはこの町をついに離れます。
シェーンに憧れたこの街の少年が『シェーン!!』と大声で叫んでいたシーンが凄い印象に残っています。
とにかくカッコいいんです。

甲本ヒロトもこの映画を見てシェーンがカッコいいと感じて『シェーン』という曲を書いたんでしょう。
ハイロウズのシェーンもいい曲ですが、西部劇映画『シェーン』もめちゃくちゃいい映画です。