コーヒー

コーヒー豆を選ぶ前に知っておきたいこと。

コーヒーはロースト(焙煎)した時から劣化が始まります。
劣化=酸化でもあり、劣化が進むと酸化して変な酸味のあるコーヒーになります。

購入する際に、いつローストした物か聞いてみると良いでしょう。
注文してからローストしてくれるお店は間違いありませんね。
ちょっと聞けない雰囲気であれば、一度購入してみて、コーヒーを淹れてみましょう。
鮮度の良いコーヒーはよく膨らみますので、膨らみ具合も鮮度の良さの判断基準になります。

量はたくさん買いすぎず、1~2週間で使いきれる量がいいそうです。
それを過ぎると、劣化が進んで味が変わるということだと思います。

豆のまま買う。
ロースト後、劣化が始まりますが、挽いた後も更に劣化が進みますので、コーヒーを買う時は、豆のまま買うのがよいです。
挽くのは面倒な気もしますが、挽いた時の香りもコーヒーのうまみの1つですから、せっかくならそれも味わった方がお得と考え、ぜひ飲む前に挽くようにしましょう。