LTE

LTE/3Gは、携帯電話が利用している通信方式。Wi-Fiは、ノートパソコンやタブレットの標準的な通信方式である。

携帯電話でもあり、超小型パソコンでもある「スマートフォン」は、この両方の通信機能が使える。
タブレットの一部にも双方の通信機能を備えるものがある。

この2つは、利用目的が大きく異なります。
LTE/3Gは、元をたどると「外で電話をするための通信方式」。
携帯電話で出先で場所を問わずに通話できるようにするため、広いエリアでサービスを提供する必要があった。
このため、基地局と呼ぶアンテナから半径数百メートル~数キロメートルまで電波が届く。
最初はアナログ方式だった携帯電話も1990年代にデジタル方式(2G)になり、2000年代にはより高速な3Gに進化した。

Wi-Fiは、「無線LAN」という名前の通り、構内通信網の「LAN」を無線化したもの。要はLANケーブルをつなぐのが面倒なので、無線化したわけだ。
このため、電波の届く範囲は数十メートル程度と狭い。