収入印紙

収入印紙とは、高額な買い物などのときに貼ってあるものと認識されていることが多いのですが、国に印紙税という税金を納めるために活用すべきものとなっています。財務省から発行されており、最低1円から31種類の収入印紙が販売されています。

収入印紙は郵便局や法務局で購入できます。ただし、平日の営業時間内しか購入できません。最近はコンビニで購入することも可能です。代表的なものには、領収書に使うことが多いのですが、その際に収入印紙を貼った上で消印をする必要があります。消印は領収書と収入印紙の間に割印もしくは署名をすることで完了します。

収入印紙はさまざまな場面で必要となりますが、主だった利用方法として、不動産売買の際や手形の発行のときに必要となります。業務委託契約書などにも必ず収入印紙が必要です。必要書類に収入印紙を貼り忘れたり、消印をし忘れると税務署から調査される対象となる場合があります。

基本的に5万円以上の領収書に対しては200円の収入印紙を貼付する義務があります。100万円以上になると、400円の収入印紙が必要となり、金額に応じて必要な収入印紙の額面は変わります。コンビニなどでは通常200円以上の収入印紙を販売していないため、高額な領収書の場合は自前に用意しておく必要があります。