印鑑とハンコは何が違うの?

 

判子と同等の意味で扱われることが多いですが、本来の「印鑑」の意味は判子を押印した印影のことです。その中でも、実印や銀行印など、地方自治体や金融機関にあらかじめ提出している特定の印影を指して言います。名前が彫刻してある判子は印鑑とは言わず、正しくは印章と言います。